7月の営業予定

7月9日(火)から8月1日(木)まで買い付けを含むイタリア滞在のため営業をお休みいたします。

※期間中のオンラインショッピングも発送は停止します。(ご注文は受け付けますが発送は8月2日(金)以降になります。)

ご不便おかけいたしますが、帰国後バージョンアップしたコッポレッタをお届けしますので楽しみにお待ちください。

※ワインバーの営業もお休みします。

よろしくお願いします。

店主

DEIDDA キャスケットタイプ

当店オリジナルのキャスケットは何種類かあるのですが、メインの2種類のモデルのうち、横幅のそれほど広くないタイプです。

後ろの部分にぐるっと一周腰帯状のものが付いているのはもうひとつのタイプです。この商品はシンプルに。

ツバの芯の素材も違います。これは不織布を重ねた柔らかくてどちらかというとフニャっとしているかもしれませんがかぶる方の額にピタッと沿うのが特徴です。

くすんだ青、藍色に近いと思いますが現物はそう、くすんだ青です。麻100%の表地は少しかすれた感じにも見えるので和装にも合わせてもらえそうです。

実は青系の色は写真で見せるのは難しいんです。調整したりすることもありますがなかなか現物と同じ色を再現するのは難しいですね。最初の屋外で撮影されたものが近いかと思いますがあそこまで明るくないかも(汗)。スイマセン。

裏地は画像ではわかりにくいですが透けるほど薄い生地ですので仕上がりはかなり軽いです。

同じ素材の色違いもあります(黒・茶・ベージュ)。ハンチングタイプもあります。(※このカラーのハンチングタイプは売切れました2019年4月20日現在。)

東京臨時出展決定 in 代官山!

大阪を出て臨時出展します!

3月30,31日(土日)の2日間、 10:00~19:00
代官山ヒルサイドスクエア にて当店オリジナルコッポラの販売をします!

なかなか現物を目にすることが出来ない東京近郊の方にもお会いできる機会です、是非お立ち寄りください。

※当日はクレジットカード決済が出来ません。楽天ペイ、LINEペイ、Paypayはご利用になれます。

キャッシュレス決済導入しました!

当店でもキャッシュレス決済方法を導入しましたのでお知らせします。

現在のところ、ラクテンペイ、ペイペイ、ラインペイを取り扱ってます。

今後取り扱いは広がっていくと思いますがその都度お知らせします。

それぞれのキャンペーンでお得になっているとのことですので、詳細は各ホームページでご確認ください。

2月12日(火)からPaypayの最大20%還元キャンペーンが始まるそうですのでこの機会にお買い物されるとお得です。

1回のお買い物で最大20%、1000円が1回の還元限度額だから5000円のお買い物が一番効率よく戻ってくるんですよね。

12000円のお買い物なら本来なら1回のお支払いで1000円還元されるんでしょうが、5000円2回と2000円1回に分けてのお支払いなら2400円還元されるということでしょうか?

ご希望ならお受けします(笑)。

まだまだお受けするほうも不慣れですがお客様がお得になるのでしたらお応えしたいと思いますのでお申し付けください。

※オンラインショッピングでのご利用は出来ません。今後出来るようならお知らせします。

コッポラ紹介 FONDI(フォンディ)

在庫を整理していたらこんなにイカしたコッポラがでてきました。

素材は不明ですがおそらく綿とレーヨンの混紡だと思われます。

ダマスク柄が浮き出るようなベルベット調の生地で黒一色というのは珍しいと思います。

そんなに分厚い生地ではないので一年通じて使えそうです。

シチリア製、フィリッポ・ヴェラルディ作。

一点のみですのでお気をつけて。

サイズタグは62となってますが当店で計測したところ58~59cmの方が合いそうなサイズ。

やや大きめですがシルエットは後頭部浅いタイプです。

横のボリュームも小さめでキレのあるフォルムのコッポラ。

コンパクトでスリムなかぶり方をされる方におススメです。

お買い求めはコチラから↓

冬季休業のお知らせ

今年も後わずかになりました。

2018年12月31日(月)~2019年1月6日(日)の間休業いたします。

オンラインショップの発送業務もお休みいたします。

よろしくお願いいたします。

Babbo Natale nero

コッポラ紹介 Tiburtina(ティブルティーナ)

イタリア『REDA』社製のウールを使用したコッポラのご紹介です。

http://www.reda1865.com/reda/it/

 

REDA社は1865年から現在まで続くピエモンテ州にある老舗生地メーカー。

ミラノとトリノの中間のちょっと北ぐらいのイメージです。ドイツとの国境に近く、アルプスからウールの生産に適した良質の水が豊富にある地域で世界的にも有名な産地として栄えたビエッラで、独自の技術と原料調達方法を同社で一貫して行うことで信頼感の高い質と量を保ち続けているのを、ファッション業界ではもはや知らないものがいないほどの地位を確立しています。

長い間埋もれていたゴールドを掘り起こしたような深く鈍く光る、重厚な色合いが高級感を持たせています。

 

今回はハンチングタイプとキャスケットタイプの両方をご用意。

横に広いラルゴシリーズのレトロなシルエットが印象的なハンチングタイプ。

ボリューミーでさらに表情豊かな演出が可能なキャスケットタイプ。

ハンチングタイプの裏地は赤と白のストライプ柄(ポリエステル)

キャスケットタイプは渋めのやや和風テイストのある風合いの生地(ポリエステル)

 

Tibrtina(ティブルティーナ)というのはローマ市内少し東側にある郊外へ出る手前の、大きな長距離バスターミナルなどがある住宅地。FS(国鉄)に地下鉄B線の乗り入れされている公共交通機関の拠点として多くの人が行き来する地区です。とはいうもののあまり都会的な景観でもなく外国人もたくさん暮らす(ローマはどこに行っても外国人が多いですが)やや雑多なイメージの町ですけどね。

 

ラルゴシリーズの詳細

当店のオリジナルコッポラ『ラルゴ』シリーズのシルエットは一般的なハンチング帽と比べてどのような違いがあるか少し具体的にみていきます。

立体であるものを平面で見ても中々わかりにくいので、本来ならお店に足を運んでもらって試着した上で選んでもらえるのが理想です。それでも全ての方にそうしてもらえないのでわかりやすいように解析してみましょう。

検証してみたのはサイズ62cmのコッポラ。当店は、大きいサイズをお探しの人にも対応できる商品をたくさんご用意しています。

まずはノーマルタイプのコッポラ。平置きしたとき計った横幅は約25.5cm。

続いてラルゴタイプ。同じ測り方で約28cm。単純に考えても2.5cm大きいというのは、実寸約10%。これは頭頂部の大きさに対して決して小さい違いではありません。仮に顔の幅が20cmとしたらそれに対して12.5%分横に広い計算です。

とはいうものの見た目に影響する要因を決めるのは実はそんな単純な数値だけではないんですよねぇ。

立体に出来ているものですからそれ以外の要素もシルエットに大きく関わってきますからね。

後頭部の深さも重要な要素です。かぶり心地、頭部の収まり方に影響します。

左がノーマル、右がラルゴ。内側を測っても外側の見た目の違いほどはないのですがノーマル10cm、ラルゴ11cm。

高さは深さと少し違います。外から見えるシルエットに直接影響します。

コチラも検証。

ノーマルタイプは高さ約10.5cm。

ラルゴタイプは高さ約12cm。コチラも12%ほど高く仕上がってます。大きいサイズで検証してますので顔の長さが25センチとするとそれに対しても6%ほどの違いがでてきます。

 

数値は測って出せるので参考のはなりますが、見え方になるとかぶり方に拠る印象の違いが大きく影響します。

 

かぶり方に関しての検証は次回に続きます。